マックスプラススタイル

maxplus くらしラボ #11 早い、簡単、美味しい! 新しいコーヒー抽出、エアロプレス抽出

maxplus くらしラボ #11 早い、簡単、美味しい! 新しいコーヒー抽出、エアロプレス抽出
「皆様のくらしを、もっと楽しくするお手伝いは出来ないか」と、私たちはいつも考えています。そのお手伝いの一つとして、新たに始めたのが「マックスプラスのくらしラボ」。週末に、店頭へ様々なジャンルのプロをお招きして、プチワークショップを開いてもらっています。
今週は、 スペシャリティコーヒーとエアロプレス抽出が特徴のコーヒーショップ、THE COFFEE STAND (ザ コーヒースタンド)の上原司さんをお招きして、沖縄ではまだ珍しいエアロプレス抽出の方法と魅力について教わりました。

もくじ

  • 1.早くて美味しい! エアロプレス抽出をお勧めする理由
  • 2.誰でもできる! エアロプレス抽出は簡単
  • 3.ただし、豆は良い物を

1.早くて美味しい! エアロプレス抽出をお勧めする理由

「今日は、私の店 THE COFFEE STAND でも使っているエアロプレスコーヒーメーカーの使い方と特徴をご紹介させてもらいます。

エアロプレスのコーヒーメーカーは、コーヒーショップでも今最も注目を集めるの抽出器具で、北欧のコーヒーショップではよく使われているんです。沖縄ではまだ珍しいんですけど、海外ではエアロプレスの選手権なんてのもあったりして、すごく盛り上がってる器具なんですよ。

エアロプレスコーヒーメーカーは、手で圧力を加えてコーヒーを抽出するので、豆の味がダイレクトにカップに落ちてくんですね。それゆえ抽出器具が、豆を選ぶと言われたりします。

コーヒー好きの方は雑誌とかでご覧になって、『知ってはいたけど実物見たこと無い』って方がよく私の店にいらっしゃっいます。エアロプレスはまだ沖縄ではあまり売られていませんし、知ってる人もそんなにいないでしょうね。それをいち早く取り扱ってるなんて、さすが生活提案が上手な maxplus ですよね。

エアロプレスは本当に素晴らしい抽出器具で、価格もお手頃ですし家庭用としてもお勧めです。今日は、ぜひ特徴を覚えていってくださいね」

「まずは、飲み比べをしてもらおうと思います。同じ豆を使って、エアロプレスとペーパードリップで淹れます。

ペーパードリップは、淹れる人の腕次第で味が全然違ってくるんですよね。お湯を上手く粉に注いでやらないと、水分が紙の部分だけを通ってしまい、コーヒーの成分を取り出すことができない。だから、お湯が粉全体にまんべんなく回るよう、優しく気を配って時間を掛けて淹れる。

それに対して、誰が淹れてもエアロプレスは安定した味を出せます。撹拌して、押すだけですから(笑)。比較的簡単に美味しい味が出せるってのがエアロプレスの特徴ですね。

また、淹れる過程をご覧いただいてお分かりになられたかと思いますが、エアロプレスは抽出に掛かる時間が圧倒的に短い。忙しい朝や、来客のあったときにも待つ時間が短く済んで助かりますね」

ブランドクローズアップ

AEROBIE エアロプレスコーヒーメーカー ¥4,200

AEROBIE エアロプレスコーヒーメーカー ¥4,200
フリスビーで有名なアウトドアメーカーAEROBIE社から発売。アメリカの空気力学の専門家で発明家のアラン・アドラー氏が、ドーナッツ型のフリスビーに続き発明したのがこのエアロプレスコーヒーメーカー。このシンプルながらも斬新な仕組みのコーヒーメーカーは、世界のトップバリスタたちの目に留まり、世界中に広がりを見せている。

「さあ、テイスティングしていただきましょう。香りと味の違いいかがですか? お顔を拝見していると、皆さんやっぱり違いを感じてらっしゃるようですね。もちろんお好みの味はそれぞれかと思うのですが、豆の個性を素直に出すのがエアロプレスの方なんですよ。
ペーパードリップと比べると、エアロプレスは手で圧力を加えて抽出していますので、油分がペーパーを抜けてカップに落ちて行く。それがエアロプレスの大きな特徴です。ドリップだとペーパーの面積が大きい分、ペーパーが油分を吸着しちゃいます。コーヒー豆の油分には豆の香りや美味しさが多くに含まれてるので、ペーパーに美味しい部分を持ってかれちゃうのは本当にもったいない(笑)。
さあ味がわかったところで、詳しく淹れ方をご説明しましょう」

2.誰でもできる! エアロプレス抽出は簡単

「エアロプレスの容器にペーパーを取り付けて、粉を入れます。

セットになっているペーパーが無くなったら? もちろん maxplus で買い足せますよ」

「お湯は、特に気を遣うことなく普通に注いでください。ドリップ式のように回し入れる必要もないです。お湯の温度は、他の方法でコーヒーを淹れるときと同じで、90度ぐらいが適しています。沸騰したての100度に近いと、苦味やえぐみが出やすくなります」

「皆さんビックリすると思うんですが、お湯を注いだら抽出器に付属の大きなパドルで撹拌します。結構おもいっきり混ぜてもらって味を出します。混ぜる道具は普通のスプーンでもいいんですが、あまり長い物を使うと、下のフィルターを傷つけちゃうので短めの物を選んでください。付属のパドルは、長さも下につかないようになっていますし、容器の中に落ちることのないようにヘッド部分も大きく作られているので安心です」

「そして最後に、注射器の要領で押していきます。

間の空気がコーヒーをギュギュギュと下に落としていく様子は見ていて楽しいですよね。
押せる所まで最後まで押し切ったら出来上がりです。

見た感じはすごい力入れてるようにみえるんですが、実際は手の重さと少し力を加えているだけ。ゆっくり下りて行きますので、無理やり押すというよりも、ゆっくり落ちていくのを手伝っているというイメージで。あまり力を入れても一定より早くはならないので、落ちきるのを待って下さいね。最後は空気だけになるので、ちょっと軽くなります。

直接コーヒーカップに落とす場合は、ちょっと厚めのカップを選んで下さい。上から押すので薄いガラスなんかだと不安です(笑)。

抽出方法をご覧になられて、これなら誰でも美味しく淹れられると納得いただけましたでしょうか」

「片付けもラクですよ。ペーパーを止めているキャップを外して、ゴミ箱に向けてピストンを最後まで押すと、ポンッとペーパーと粉が全部落ちます。後は水ですすいでもらってお終いです。」

3.ただし、豆は良い物を

「豆の挽き具合ですが、単純に細かければ細かいほど濃く出ますし、粗くすれば粗くするほど薄味になるんです。ただ、細かくしすぎると、豆の苦味やエグミがでるので気をつけて下さい。中挽きから中細引きが基本で、そこからお好みに調整してください。

エアロプレス抽出で、一つだけ気を付けることがあるとしたら、それは使う豆の質です。エアロプレスは良くも悪くも豆の個性をダイレクトに取り出すので、良い豆を使うとその美味しさを余すところ無く味わえますが、もともとの品質が悪かったり、古くなって酸化している豆を使うと、その味もしっかり出してしまうんです。その点でいうと、悪くなった豆を使う場合は、ペーパードリップで抽出して、ペーパーに味の悪い部分を除いて貰ったほうが、少しは美味しくいただけます。

戸棚に閉まっていて、ずっと忘れていたなんていう豆があったら、それはエアロプレスでは飲まないでくださいね。『エアロプレスは豆を選ぶ抽出器具だ』 よく言われるのは、そういう意味なんです」

Pick Up!アイテム

Dallmayr プロドモホールビーンズ ¥1,155Dallmayr プロドモホールビーンズ ¥1,155
バイエルン王室御用達の食品ブランドダルマイヤーのコーヒー豆。生豆の選別から、焙煎、保存方法とこだわりの品質がその美味しさと人気の秘密。
HARIO コーヒーミルベーシック ¥2,625HARIO コーヒーミルベーシック ¥2,625
豆の粗さを揃えることが簡単にできる手動ミル。クラシカルなデザインも魅力。

「私にもちょっと押させて!」
「誰が淹れても一緒ってのはいいね」 
「いきなりコップに落としていいの?」
「お客様がいらしたときは、ちゃんと良い味が出せてるか不安だったのよ!」
「ペーパーとエアロ、味が全然違う!」

質問や感想がいくつも飛び出し、いつにも増してお客様の盛り上がりが見られるワークショップとなりました。

maxplus ではこれからも、暮らしを豊かにする楽しいワークショップを企画して行きます。次回の開催は決まり次第イベントページに掲載していきますので、ぜひ御覧ください。

上原 司上原 司
THE COFFEE STAND

コーヒーの道に入って14年。良質な豆にこだわり、その美味しさを余すところなく抽出しようと、エアロプレスコーヒーメーカーを県内で先駆けて使用。

THE COFFEE STAND は、エアロプレスで抽出したスペシャリティコーヒーが味わえる店。町に溶け込み、近所の人の暮らしに欠かせないコーヒーショップである一方、全国から評判を聞きつけ多くの観光客が訪れるコーヒー聖地としての一面も。

THE COFFEE STAND (ザ コーヒースタンド)

THE COFFEE STAND

住所:那覇市松尾2-11-11 1F
TEL:080-3999-0145
営業時間:10:00~19:00